スポンサーリンク




【抗がん剤病棟 入院生活(1)】ーベッドは窓側or廊下側?当日の流れと病院のルール

もし、抗がん剤病棟(化学療法センター)へ入院したら、どんな感じなのかな?

抗がん剤投与の経験者はなかなか周りにいるものでもなく、いたとしても、実際どうだったの?って辛い状況を思い出させてしまうから聞きづらいですよね。

このブログを見ていただける方が、流れを理解しやすいように、私が勤めていた抗がん剤病棟の一日の流れを順を追ってお話ししていきたいと思います。

なんとなく、入院を疑似体験する感じで書いていこうと思います。

※あくまでも、私がいた病院での流れですので、病院によって違いはもちろんあります!軽い気持ちで参考にしていただければ幸いです※

目次

さぁ、抗がん剤病棟へ入院が決まりました!今日は入院日です。

ドキドキしますよね。

まず、病棟の受付カウンターで入院の手続きです。

手続きが済み、本日の入院担当の看護師が挨拶して、来てくれました。

病室に案内されて設備等の説明をたくさん受けます。

病室のベッドはどう決まる?

病室はどのように決まるかというと、大部屋か個室か予約した病室のベッドが空いたら、予約順に順番に入院できるという感じです。

個室希望の場合は、事前に入院予約をするときに「個室希望です」

と伝えておきます。

大部屋の場合は、4人床(よにんしょう)のお部屋が一般的です。

病室のベッド 窓側・廊下側のメリット・デメリット

一つのお部屋に4つのベッドがある形になるので、窓側に2ベッド、廊下側に2ベッドという感じです。

つまり、窓側の右側、窓側の左側、廊下側の右側、廊下側の左側という感じで4つのベッドの場所がありますよね。基本的に空きベッドの状況で割り当てられるのですが、「窓側希望」「廊下側希望」などの希望は、言うことも可能です。

100%通るとは限りませんが、あくまでも希望として伝えておくのは大丈夫です。その希望が強い場合は、入院の順番が前後してしまうかもしれませんので、初めての入院の場合は、そのまま空きベッドが出た順番に従うのもいいと思います。希望をいうのは、入院してからの様子も踏まえて伝えましょう。

<病室の窓側ベッドのメリット>

・外が見えるので、四季を感じる

・朝昼晩と一日の流れを感じる

・景色や風景を見ることで気分転換になる

・天気が良い日は太陽光が入り、明るい

・カーテンを開けると、スペースを広く感じる

<病室の窓側ベッドのデメリット>

・外気が寒いときは寒い

・外の音が気になる(電車の音、工事の騒音など)

<病室の廊下側ベッドのメリット>

・トイレが近い

・洗面台が近い

・廊下を通る看護師などのスタッフに話しかけやすい

<病室の廊下側ベッドのデメリット>

・太陽光が入らないため、なんとなく暗い

・閉塞感がある

・廊下での物音、話し声が気になる

新幹線の座席を思い浮かべてもらえばイメージしやすいですかね?

抗がん剤を投与した場合、点滴によりおしっこの回数がとても多くなるので、心配な方は廊下側をオススメします!点滴スタンドを引いての歩行は想像以上に難儀です。

同室者と仲良くすべき?無理してしなくてよし!

入院生活を有意義に、そして円滑にするためにも、同室者と仲良くした方がいいのかなと思いますよね。

でも、無理して仲良くしなくていいです!

病室のベッドはカーテンで仕切られています。
病室によっては、それぞれの患者さんがカーテンを閉めっぱなしで、患者さん同士のコミュニケーションがないというのもありえます。
抗がん剤病棟だからなのか、結構そういう病室も多かった気がします。回復してきて、食堂で顔を合わす方と仲良くなるというのが多かったです。

ドラマの「ナースのお仕事」をみていたので、入院時には菓子折りを渡し合って~みたいなイメージだったんですが、ほとんどそういうのはないので、気にしなくていいです。

治療によって、食べれない場合もありますから、食べ物のおすそ分けはしない方が無難です。糖尿病とかあって、食事に制限ある方もいますから、いろいろ難しいです。

共同のトイレを使用するときは、アルコール除菌で便座を拭いてから使用

これは、排泄物からの感染をお互いに防ぐのはもちろんですし、投与すぐの抗がん剤は排泄物にも暴露しています。アルコール除菌ですべてぬぐい取れるとは限りませんが、物理的に軽減はできます。習慣化してほしいものです。

私も、デパート等のトイレでは、必ずアルコール除菌してから使用しています。

個室のシャワーのホースは、使い終わったらホースを抜いて水を切る

4人床の場合は共同のシャワーを使うことになると思います。

衛生面から、浴槽はありませんでした。

個室の場合、病室にシャワーが設置してありますが、ホースの中に水が溜まって、カビが発生する可能性があるので、ホースを外して水を切るよう説明します。

個室だと、その患者さんのペースでの使用になるので、体調によってはシャワーせずに体拭きとかもありますよね。使用しない期間があると、カビが発生しやすいんです。

共同シャワーの場合は、看護助手というスタッフが行います。

衛生面からも、加湿器は使えない

水のある所にカビは発生する可能性があります。

加湿器は蒸気とともにカビを空気中に飛ばしてしまうので、使用は不可です。

あなたの手洗いうがい等の感染予防行動ができているかチェック!

これから、治療をすると骨髄抑制で免疫が低下することが予測されます。そのため、治療開始前に、今までの生活でどのように手洗いうがいなどの感染予防行動をしてきたかチェックします。

これが、結構皆さんできてないんですよ。(笑)

でも、それが普通ですよ。私も日常で意識しないと、こんなんやってられないよ!ってくらい細かいんです。歯磨きや手洗い・うがいのタイミングとか。

手洗い、15秒以上やっていますか?「もしもしかめよ」の歌1曲が15秒といわれていますが、これまた長い!でも、大切なことなんです。

きちんと、手洗い・うがいを行えば、未然に防げる感染はたくさんあります。

え~!こんな面倒くさいことやるの? 

というのが、第一感想ですが、これから抗がん剤をやると、免疫系が弱まるときがあり、感染予防の大切な時期が必ず来るんです!

指導はしっかり受けてください。

極たまーに高齢の方でみられるんですが、歯ブラシは動物の毛ではなくナイロンのものを使用してください。(笑)

あなたは入院したてで、まだ治療もしていませんが、既に治療をして入院生活を送っている方は、感染予防が必要な時期かもしれません!

これを理解しておくことがとても大切です!

抗がん剤治療(化学療法)=感染予防が重要!

患者さんだけでなく、家族等の面会者さんの意識・協力も必須です。

なので、面会は、家族等の近しい人のみでお願いすることが多いです。

基本的に、大勢の方が面会に来られたり、長時間いられるときは、食堂などの共有スペースを利用してもらいます。

抗がん剤の種類や、治療して何日目かで、体調にもかなり差が出ます。

また、免疫系が弱まっているときは、気軽に病棟外に出ることもできないので、気持ちが閉鎖的になったり、小声でも周りの会話が気になってイライラしてしまうことも。

入院生活は共同生活なので、周りの人への思いやりも忘れずに。

次回②に続きます。

【抗がん剤の副作用】脱毛(2)ーー自分でできる対策&絶対やってはいけないこと。オススメ医療ウイッグ【スヴェンソン】

いつもありがとうございます。

更新の励みになります。

クリックお願いします!


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

入院中、食事の配茶のみで、その他の飲み物は自分で用意してもらう病院も!必須です!