抗がん剤治療当日のお風呂・シャワーは入れる?入浴時のポイント・注意点

スポンサーリンク

抗がん剤治療した当日や、外来治療後の自宅では、お風呂やシャワーは入れるのでしょうか?

タイミングを考えれば、抗がん剤治療当日でも入ることは可能です。

今回は、看護師の視点での入浴・シャワーのベストタイミングを紹介します^^

体調の変化に備えて、抗がん剤治療が始まる前に体を綺麗にしておく

抗がん剤治療を入院で行う場合は、内服でも点滴でも、入院した翌日に始まるのが一般的です。

外来では、抗がん剤をしてから自宅に帰っていつも通りの生活をすることになります。

 

治療が始まると、身体がだるくなったり副作用が出たり、思うように体が動かないこともあるでしょう。

抗がん剤治療後は、何が起こるか分からないので、できるだけ、治療開始前に身体は清潔な状態にしておくことが大切です。

 

抗がん剤治療当日のお風呂・シャワーは可能。治療開始前に済ませよう

体を清潔にしておきたい、毎日シャワーを浴びたいというのは普通です。

抗がん剤治療を行う当日の入浴はできるのか?

答えは、できます!

ですが、抗がん剤治療をした場合、24時間以内はアレルギー症状が出る可能性があるので、抗がん剤治療をした後は、入浴は控えてもらっています。

外来治療で何度も同じ治療をしていて慣れているなら話は別ですが、治療経験が浅い場合などは抗がん剤治療後に何があるか分からないと思っていた方がいいです。

抗がん剤治療当日に入浴・シャワーは可能ですが、急な体調変化を考えて、治療前にお風呂やシャワーは済ませておきましょう。

入院中は、抗がん剤治療開始前にシャワーの希望があるか確認する

入院中であれば、抗がん剤治療当日の朝に、治療が始まる前にシャワーや体拭きの希望があるか確認します。

治療前に清潔にできればいいですが、治療内容によっては時間の制限(開始時間が早くないとその日のうちに終了しない など)があるので、看護師と相談しましょう。

抗がん剤治療中・入院中に体を清潔にするための工夫

抗がん剤治療終了後にシャワーに入ることは、アレルギーなどを考えて控えてもらうとお話しました。

その代わりに私たち看護師が提案してきたことは、以下です。

・抗がん剤ではない、点滴(補液)のときのタイミングで体を拭いたり、シャワー浴する

・治療が短時間であれば、抗がん剤終了後に特に異常がなければ、体を拭く

・患者さんの希望によるが、抗がん剤当日は体拭き、シャワー浴はやめる。

(入院日にお風呂入ってきた、汗をかかないからいい、みたいな方は結構いらっしゃいます。ずーっと入らないのは困りものですけど、1日2日くらいなら大丈夫です。)

患者さんの体調や気分を尊重して清潔保持に努めます。

抗がん剤治療後のお風呂やシャワー時のポイント・注意点

抗がん剤治療終了後は、抗がん剤の点滴を射した点滴部位(注射部位)をよく観察するようにしましょう。

治療終了直後は特に何もなかったのに、あとから赤く腫れたり、痛みが出てくる可能性があります(血管外漏出)。

<入浴時の注意点>

・抗がん剤投与部位(注射部位)は強くこすらない

・泡で軽く流す程度

・長風呂はしない

・シャワーなどで短時間に済ませる

・抗がん剤投与部位(注射部位)を長時間湯舟に入れすぎない

抗がん剤の種類によっては、入浴に制限があるものもあるので、医師に確認してください。

体調・気分が悪いときに無理してお風呂・シャワーしなくても大丈夫!

お風呂・シャワーに毎日入って清潔にするのが普通・・・これはただの固定概念です!

入院している方をみていると、高齢の方は元気にしていても毎日シャワーされない方も結構多いですし、「入らなきゃいけない」と義務のようにしなくても大丈夫です。

・体調が悪いときなど、1日・2日入らなくても人体に影響はほとんどない。

・入浴できないときは、陰部を洗う意味でもトイレのウォシュレットを使いましょう(よく勧めていました)

・長風呂はしなくていい、短時間に済ませれば良い

・大事な部分(陰部)やよく汗をかくところ(脇など)をさっと洗う程度でOK

・髪の毛も毎日洗わない人も結構多い

 

入院中は、入浴やシャワーの時間は予約制で、一人当たりの時間が決まっていることがほとんどです。

私が勤めていた病院では、シャワーは予約制で1人20分でした。

短いように感じますが、シャワーなので、意外と皆さん20分以内に出てこられるものなんです^^

抗がん剤治療時のお風呂・シャワーのついてのまとめ

・抗がん剤治療当日は、お風呂・シャワーは治療開始前に済ませる

・抗がん剤以外の点滴であれば、抗がん剤終了後に体拭きをする

・抗がん剤治療後の入浴時は、抗がん剤投与部位(注射部位)を強くこすらない

・長風呂しない、シャワーなどの短時間にす

・体調・気分がすぐれないときは、無視して入浴しなくても大丈夫

・入浴できないときは、トイレのウォシュレットを使用しよう

 

清潔は大切なことですが、抗がん剤治療をしたときは、自分の体調・気分によって、最低限の清潔をしさえすればいいです。

「入らなきゃ・・・」と負担に思う日は、無理せず、自分の身体を気遣ってあげましょう。

自分の身体を知っているのは、あなただけですからね^^

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

「参考になったよ」と思っていただけたら、応援クリックお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です