【抗がん剤の副作用】脱毛は頭髪以外も。抜け始め~回復までー髪は絶対生えてくる!

スポンサーリンク

抗がん剤=脱毛、誰もが心配する副作用です。

脱毛は、程度の差はあれど、ほとんどの抗がん剤治療の抗がん剤治療をした患者さんに出現します。

脱毛とは?なぜ抗がん剤で毛が抜けるのか

脱毛とは、現象として人もしくはそれ以外の動物に生えている毛の一部ないし全部が抜けてなくなることです。

毛の根元にある毛の成長に重要な細胞が障害されることにより、毛の成長に問題が起きて脱毛をきたします。

髪の毛は体毛の中でも成長が速く細胞分裂が盛んであるために抗がん剤の影響を受けやすい。

脱毛は髪の毛だけでなく、眉毛・まつ毛・胸・腕・足・陰毛にも発生する。

参照→【抗がん剤の副作用】脱毛(3)--眉毛・まつ毛の脱毛時の対策紹介&伊達メガネがオススメ!

抗がん剤の副作用・脱毛が起きやすい人(危険因子)

・喫煙、アルコールの摂りすぎ、ストレス、睡眠不足⇒血行不良により髪の成長を阻害

・抗がん剤の種類

・身体的状況(甲状腺機能低下症や加齢)

・栄養状態

・東部への放射線療法の同時併用(局所の影響)

脱毛を起こす主な抗がん剤

()内は商品名

<高度>

シクロホスファミド(エンドキサン)

イホスファミド(イホマイド)

ドキソルビシン(アドリアマイシン・アドリアシン)

ダウノルビシン(ダウノマイシン)

イダルビシン(イダマイシン)

ビンクリスチン(オンコビン)

ビノレルビン(ナベルビン)

エトポシド(ベプシド)

パクリタキセル(タキソール)

ドセタキセル(タキソテール)     など

<中度>

メトトレキサート(メソトレキセート)

フルオロウラシル(5-FU)

シタラビンオクホスファート(スタラシド)

カルボプラチン(パラプラチン)

シスプラチン(プリプラチン、ランダ)

インターフェロンα(キャンフェロン)      など

脱毛~回復までのサイクル

1日目:抗がん剤治療(化学療法)開始

10日後:脱毛が始まる

20日後:脱毛が目立つ

30日後~60日後:この間にほとんどが脱毛

化学療法終了

3か月後~10か月後:毛髪の再生が始まる

この脱毛~回復までのサイクルを見てもらうとわかる通り、時間はかかるけど、毛は必ず生えてくるんです。

治療

①保湿

②精神的ケア

③カツラ・ウイッグの使用などの支持療法

参照→抗がん剤・手術後の脱毛に【オススメの医療用帽子】プレゼントにも最適【ユニセックス・男性・女性】

参照→抗がん剤・術後の脱毛に医療用ウイッグをオススメする理由&選ぶときのポイント

 まとめ:抗がん剤による脱毛患者さんを見てきた私の体験談

薬剤による程度はあるものの、脱毛はほぼ確実に起こる副作用の一つです。

患者さんにとってはボディイメージが大きく変化する脱毛は精神的苦痛が大きいのです。

特に女性は、髪の毛のケアを入念にされている人もいますし、脱毛は、とてもショックでつらいことですよね。。

「髪が抜けるくらいなら・・・」と抗がん剤治療(化学療法)を受けられないケースもあったりして、それくらい自分の髪の毛が無くなってしまうのは辛いことなんだなと、そばで見て感じてきました。

治療も何回かやっていると、慣れてきたり、対策なども分かる状況になりますが、最初は、ドラマみたいに、朝目覚めると「はっ!抜けてる!」となってショックを受けることも。

 

実際は、入院中よりも退院して社会に出た後の方が、人と会ったり外出する機会も増えて、ボディイメージに対する苦痛が大きくなります。

私の病院では、病棟内で週に1回、ヘアキャップやウイッグの出張販売があり、意外にも、退院してから、相談がてらわざわざ購入に訪れる人もいらっしゃるんです。

 

必ず生えてくるとわかっていても、髪の毛はその人の外観を大きく左右するので、事前にできる対策はもちろん、知らずにやってしまうことが回復を遅らせてしまわないよう気を付けたいですね。

参照→【抗がん剤の副作用】脱毛(2)ーー自分でできる対策&絶対やってはいけないこと。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

「役に立ったよ」と思っていただけましたら、応援クリックお願いします!